社会福祉法人 勝原福祉会
Philosophy
私たちの想い
地域社会に必要とされる福祉事業を明るい未来に向けて創造しつづける

地域社会に必要とされる福祉事業を

明るい未来に向けて創造しつづける

私たちは福祉事業を営む社会福祉法人として、その存在意義や地域社会における重要性に誇りを持っています。そして、地域社会の未来を明るく豊かにするためには、常に創造しつづけることが大切だと考えています。

“ちいさなひとも おおきなひとも みんなみんな しあわせに”。私たちは、「豊かな福祉・教育社会の実現」という法人理念の下、地域社会の皆様の日常生活を支えつつ、幸せを実感していただける多様な価値をご提供いたします。
  • 法人理念
    豊かな福祉・教育社会の実現
  • 経営理念
    地域社会事業を通じて人格形成を
  • 方針
    変化・瑞々しさ・新鮮さ
    ~時代と共に~
  • 目標
    感動の創出
    ~全身全霊を。福祉・教育にゴールはない~
Company Value
3つの法人像
  • 愛し愛される法人をめざします
    愛し愛される
    法人をめざします
  • 誇りある法人をめざします
    誇りある
    法人をめざします
  • 感謝し、自律した法人をめざします
    感謝し、自律した
    法人をめざします
Company Mind
おもてなしの木
『ほっこり おもてなし』
うれしい予感が、
やがて花と咲く
“おもてなしの木”。
子どもたち・利用者はもちろん、保護者・ご家族の皆様も地域の方々も、みんなみんな、ほっこりと包み込めたら最高ですね。ですから私たちは、まわりの人たちを優しく和やかにする“おもてなしの木”のような存在になりたいと思っています。その木陰でうまれたたくさんの“うれしい予感”は、やがて次々と綺麗な花になって咲き誇ることでしょう。
おもてなしの木
豊かな土壌には
しっかりした根っこが育つ